Top >  骨盤矯正とは >  出産を控えた女性は骨盤が開きます

出産を控えた女性は骨盤が開きます

テレビで、ある女優さんの出産後の記者会見というニュースを見かけました。
驚いたのは、その素晴らしいプロポーションです。
子供を産んだことなど全然感じさせないナイスプロポーション!
本当にうらやましい限りです。
出産というものをするために、女性の身体はいろいろな変化をするのです。
骨盤が開くという現象もその中の一つとして挙げられます。
出産を間近に控えると、女性ホルモンが作用して、産道を確保するために、靭帯が緩み、骨盤が広がってきます。
子供を出産してから半年の間というものは、骨盤が不安定な状態になっています。
この半年間を不自然な状態の骨盤で過ごしてしまったら、骨盤が歪んだままで固定されてしまうのです。
そうすると、後々、肩こりや腰痛といった症状を招くことになってしまいます。
厄介なことに、骨盤の歪みは肥満の要因にもなっているのです。

トップページ  |  次の記事 骨盤矯正の重要性  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5891

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。