Top >  骨盤矯正とは >  産後太りを引き起こす骨盤の歪み

産後太りを引き起こす骨盤の歪み

産後太りは、本当に嫌なものです。
生まれてきた赤ちゃんには申し訳ないのですが、産後についてしまった脂肪やたるみを見ていると、出産したことを後悔してしまうくらいです。
産後太りでは、下半身に集中して脂肪がついてくるようですが、そんな状況を改善してくれるのが「骨盤矯正」というものです。
全身のバランスから見て、下半身が太めだという人は、身体の重心が足の外側にかかってしまっていることが要因になっているようです。
専門的には「外側加重」と呼ばれているそうですが、体重が足の外側にかかってしまうと、骨盤や膝が不自然に変形してしまうのです。
そうなると、むくみを引き起こしますし、疲れやすくなりますし、脂肪がつきやすくなるのです。
膝が外側に変形してしまうということは、O脚になることを意味しています。
いわゆる「がに股」と呼ばれているスタイルになるわけです。
出来れば避けたいスタイルですよね。
骨盤を矯正すれば、このような変形が解消され、むくみも取れ、脂肪がつきにくくなってくるのです。

 <  前の記事 骨盤を支えている「腸腰筋」を鍛えましょう  |  トップページ  |  次の記事 骨盤矯正が出産後のダイエットに効果を発揮する理由  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5907

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。