Top >  骨盤矯正とは >  骨盤の歪みがもたらす悪影響

骨盤の歪みがもたらす悪影響

現代社会で生活している人のほとんどは、骨盤に歪みが生じていると言われています。
事務の仕事などでは、長時間に渡って同じ姿勢を強いられることになりますから、姿勢が悪くなってしまったり、O脚になってしまう人がものすごく多いらしいですね。
骨盤が歪んでしまったり、広がってしまうことによって、姿勢が悪くなってしまうのです。
歪んだ骨盤は体全体のバランスにも悪影響を及ぼし、頭痛・腰痛・肩こりなどを引き起こすばかりでなく、太りやすくなったり、疲れやすくなったりします。
さらに、女性の場合には生理不順や不妊、男性の場合には精力減退・・・とにかく、体の内側からさまざまな支障をきたすことになります。
また、歪んだ骨盤をそのままにしておくと、ヘルニアなどの重篤な疾患を招いてしまうこともあるそうです。
つまり、歪んだ骨盤は健康を損なってしまう要因なのです。

 <  前の記事 骨盤矯正のために開発された下駄やサンダル  |  トップページ  |  次の記事 骨盤矯正による効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5919

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。