Top >  骨盤矯正とは >  骨盤のしくみと役割

骨盤のしくみと役割

横から見ると少し手前に傾いていて、正面から見ると逆三角形をしている骨盤は、脊柱にある仙骨、それに接する左右の大きな腸骨、前方にある恥骨と坐骨によって構成されています。
さらに股関節と連携して、上半身と下半身を繋ぐための大事な役割を果たしています。
身体の中心に位置している骨盤は、S字型に湾曲した背骨のバランスを保ち、上半身の体重を支えています。
歩行する時には、左右の股関節を支えて足を動作させる支点となりますし、腰掛ける時は台座に変わります。
内蔵を支えるという重要な役割もあります。
体の支柱とも言える骨盤が、歪んでしまったり、開いてしまったりしてしまうと、肝心な機能が不完全なものになってしまうのです。
全身のバランスが保てなくなって、体型が悪くなるだけではなく、肩こり・腰痛・頭痛を引き起こし、女性であれば、生理不順や不妊という症状までもたらしてしまいます。

 <  前の記事 骨盤矯正ストレッチのポイント  |  トップページ  |  次の記事 骨盤矯正用の伸縮性に富んだベルト  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5927

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。