Top >  骨盤矯正とは >  骨盤を矯正するための体操

骨盤を矯正するための体操

骨盤を矯正するための体操を、具体的に説明させていただきます。
まず、床あるいは、固めのじゅうたんの上で、仰向けの状態で寝ましょう。
足は肩幅ぐらいに開いて、膝は90度に曲げます。
手のひらは太ももにつけた状態で、腕は体の両脇に密着させておきましょう。
続いて、腰を持ち上げ、膝から肩までが一直線になるような状態のままで静止させます。
7秒数えたら、静かに腰を下げて全身の力を抜きましょう。
この動作を数回反復したら、大の字の状態で3分間休憩をとりましょう。
ちなみに、骨盤が広がっているような人であれば、最初の何回かは「ぽきっ」という音がすると思います。
この一連の動作は、腹筋や背筋の衰えに伴って歪んでしまった骨盤を、正常な状態に戻すことに効果をもたらしてくれます。
大の字の状態で休憩することは、骨盤を正常な位置に安定させるためにとても重要です。
すぐに立ち上がったりしてしまうと、骨盤の位置がすぐに悪い状態に戻ってしまいますので、時間をたっぷりとかけて、ゆっくりと体操することが大切です。

 <  前の記事 広がってしまった骨盤を正常な状態に戻す  |  トップページ  |  次の記事 インナーマッスルを鍛えましょう  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5930

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。