Top >  骨盤矯正とは >  骨盤が歪んでしまう出産以外の要因

骨盤が歪んでしまう出産以外の要因

骨盤矯正が必要にならないためには、どのようにすれば良いのかということについてお話しさせていただきます。
まず、骨盤が歪んでしまう要因としては、出産というものが挙げられます。
出産を間近に控えると、女性ホルモンが作用して、産道を確保するために靭帯が緩み骨盤が広がってくるのです。
しかしながら、男性でも、身体が歪んでしまって骨盤矯正をしなければならない人が数多く見受けられます。
ですから、出産をしなければ骨盤に異常が生じないとも言い切れないのです。
骨盤が歪んでしまう、出産以外の要因としては、日常生活における不自然な姿勢が考えられます。
座っている時などに、背筋がしっかりと伸びていない人は要注意なんです。
つまり、長い年月に渡る日常生活の悪習慣によって骨盤に歪みが生じてしまった人には、骨盤矯正の必要性があるのです。
日頃、悪い姿勢を取り続けているようなことがないか、見直すことが大切です。

 <  前の記事 骨盤矯正クッションに座る習慣  |  トップページ  |  次の記事 座る時には意識して背筋を伸ばしましょう  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5899

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。