Top >  骨盤矯正が必要なのは >  「バスシェイパー」が骨盤矯正に効果をもたらす理由

「バスシェイパー」が骨盤矯正に効果をもたらす理由

長方形(横幅40cm、縦の奥行き20cm程度)をカーブさせた形状をしている「バスシェイパー」には、底の中央部分に高さ10cm程度の脚が装備されています。
この脚は、底が丸く作られていて、床に置いても安定しないようになっています。
そして、カーブに合わせて座ってみるとゆらゆらと左右に揺れるように設計されています。
まさに、この「ゆらゆら」が、骨盤の矯正に効果を発揮してくれるのです。
お風呂に浸かる時に、浴槽内に「バスシェイパー」を沈めます。
その上に腰掛けて、バランスを保ちながら、身体全体をゆらゆらと左右に2~3分ほど揺らしましょう。
たったこれだけのことで、歪んだ骨盤を矯正することに効果的な作用をもたらしてくれるのです。
また、大腿部や下腹部、わき腹などの筋肉も刺激されますので、下半身をスッキリさせてくれることにもつながります。
浴槽内での簡単な運動ですから、水の浮力によって身体にもそれほどの負担がかかりません。
ですから、無理なく気軽に骨盤矯正ができるのです。

 <  前の記事 入浴中に骨盤矯正ができる「バスシェイパー」  |  トップページ  |  次の記事 骨盤矯正のために開発された「下腹スッキリ超腸ボール」  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5914

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。