Top >  骨盤矯正が必要なのは >  骨盤の歪みをチェックしましょう

骨盤の歪みをチェックしましょう

「自分の骨盤は歪んでしまっているんだろうか」という不安を抱えている人のために、骨盤の歪みを確認する方法をご紹介させていただきます。
まず、固い床の上で仰向けになって下さい。
両足を揃えたら、力を抜きましょう。この状態で・・・力を入れなくてもかかとがひっついているか、つま先の開き加減は同じくらいか、足の長さが揃っているか(歪んでいれば足の長さが異なります)・・・を、確認して下さい。
これらの内で、該当するものがあるようでしたら、骨盤に歪みが生じていますので、骨盤矯正をして改善しましょう。
別の方法では、仰向けに寝た状態で足を肩幅に開きましょう。
そして、骨盤の一番高い部分(左右とも)と床までの高さを測って見て下さい。
左右で高さが異なっているようであれば、腰が歪んでいる証拠です。
また、正座をした時に肋骨から骨盤までの長さを測って見ましょう。
こちらの方法でも左右で違いがあれば、要注意です。

 <  前の記事 簡単な骨盤体操のポイント  |  トップページ  |  次の記事 簡単に骨盤の歪みを判別する方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5933

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。