Top >  骨盤矯正が必要なのは >  骨盤の歪みは新陳代謝を悪化させます

骨盤の歪みは新陳代謝を悪化させます

骨盤が広がっていまっている人の場合には、インナーマッスル(身体の内側にある筋肉)の筋力が低下してしまうことに伴って、新陳代謝が悪くなってしまったり、内蔵が本来あるべき位置から下がってしまったりします。
ですから、内蔵自体も正常に機能しなくなってしまいます。
そして、下腹が出っ張るという症状に繋がるのです。
つまり、肥満の要因になっているわけです。
当然のことながら、骨盤矯正をしたからと言っても、必ずしもダイエットに効果が期待できるとも限りませんし、骨盤の歪みが直ぐに改善されるものでもありません。
しかしながら、長年に渡って悩まされていた症状が、骨盤矯正によって緩和されたという人がたくさん見受けられることも事実です。
是非、自分の骨盤の歪みを確認してみて、もし歪みがあるようでしたら、自分に合った骨盤矯正を実践するようにしましょう。

 <  前の記事 骨盤矯正はダイエットに効果があります  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃん誕生のために歪んだり広がったりする骨盤  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5936

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。