Top >  骨盤矯正が必要なのは >  赤ちゃん誕生のために歪んだり広がったりする骨盤

赤ちゃん誕生のために歪んだり広がったりする骨盤

蝶の羽を思わせるような形をしている骨盤は、身体の中心である背骨を支える大変な役割を果たしています。
女性の場合、妊娠中に胎児の成長に伴って、骨盤は歪んだり広がったりします。
そして出産する時には、骨盤を通り抜けて赤ちゃんが誕生するのです。
骨盤を構成している左右3対の骨は、靭帯という頑丈な組織によって確実に結びついているのですが、出産を間近に控えると女性ホルモンが作用して、子宮口や靭帯が柔らかくなり、骨の継ぎ目が少し緩んでしまうために歪みを生じ、恥骨結合も徐々に広がっていきます。
この時点で、赤ちゃんが横向きになって、骨盤の中に収まるというしくみになっています。
骨盤だけではなく、背骨の靭帯も緩んでしまいますから、出産後、背中にかなりの痛みを感じるお母さんもいるようです。
このような症状が見受けられる場合には、骨盤を矯正しなければいけません。

 <  前の記事 骨盤の歪みは新陳代謝を悪化させます  |  トップページ  |  次の記事 出産後の骨盤というものは緩みきっています  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5937

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。