Top >  骨盤矯正関連 >  「下腹スッキリ超腸ボール」の使用方法と効能

「下腹スッキリ超腸ボール」の使用方法と効能

骨盤矯正用ボール「下腹スッキリ超腸ボール」の使用方法と効能について、ご紹介させていただきます。
まず、このボールはレンジで温めてから使用します。
内部にセラミック製のボールがたくさん入っていて、温められると内部のセラミックも温められることになります。
また、ボールの表面全体には、丸い突起があって、腸の働きを促進させるという威力を発揮します。
温めたボールは、下腹部あたりに乗せ、へそを中心に時計回りにまんべんなくコロコロと転がすようにします。
こうすることによって、大腸に溜まってしまった便を移動させ、排泄させるようにします。
つまり、便秘を改善してくれるのです。
お腹が張ったりして、不快な症状に悩まされる便秘というものは、女性の敵とも言われるほど、女性に多く見受けられるものです。
薬に頼らずに、便秘が解消されるなんてスゴイですよね。
また、セラミックによる遠赤外線効果が、胃腸の機能も活性化し、手足の冷えも改善してくれるのです。

 <  前の記事 骨盤矯正のために開発された「下腹スッキリ超腸ボール」  |  トップページ  |  次の記事 ダイエット効果が期待できる骨盤矯正  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5916

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。