Top >  骨盤矯正関連 >  骨盤矯正のために開発されたクッション

骨盤矯正のために開発されたクッション

骨盤矯正のためのクッションを紹介させていただきます。
骨盤矯正用のクッションに座れば、お尻の下にある左右の坐骨が内側に引き締められ、広がってしまった骨盤を正常な状態に戻してくれるという効果が期待できます。
骨盤が引き締められることによって、余分な脂肪がつきにくくなりますから、ダイエットにも効果的であるようです。
ほとんどの骨盤矯正用クッションでは、毎日10~15分ほど使用するように設計されています。
初めて使用する場合には痛みを伴うことも多いそうですから、初めのうちは座る時間を短くして、だんだん時間を伸ばしていくのが良いとされています。
必ずしも使用した全ての人に改善が見られるわけではありませんが、便秘が解消したり、腰痛が治まったという人がたくさん見受けられます。
クッションにも多種多様なタイプが取り揃えられていて、床においたまま使うタイプや、椅子の上で使用するタイプなど・・・さまざまな違いが見られます。
注意しなければならないこともあるようですから、しっかり確かめた上で使用するようにしましょう。

 <  前の記事 重要な役割を果たしている骨盤  |  トップページ  |  次の記事 骨盤矯正に効果をもたらすストレッチ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5924

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。