Top >  骨盤矯正関連 >  座る時には意識して背筋を伸ばしましょう

座る時には意識して背筋を伸ばしましょう

背中を丸くした悪い体勢のままで、長時間座るような習慣が身についていると、猫背の状態が当たり前になってしまい、骨盤を傾かせてしまいます。
また、椅子に座る場合など、足を組む人をよく見かけますが、このような体勢も骨盤を歪めてしまうことになってしまいます。
不自然な体勢をとり続けていると、内蔵を支えるための筋肉も機能が低下してしまいます。
内蔵を支える筋力が衰えてしまうと、内蔵下垂を引き起こします。
内蔵下垂は、突き出た下腹の要因になるばかりではなく、内蔵そのものの機能を低下させてしまいますから、老廃物がスムーズに排出されにくくなってしまうのです。
以上のようなことを踏まえて、座る時には意識して背筋を伸ばすように習慣付けましょう。
ちょっとした心がけ次第で、かなり変化が見られるようです。
一日の内で何回か立ち上がるようにして、手軽なストレッチを取り入れることも効き目がありますよ。
座ったままのストレッチでも効果があるようですから、是非お試し下さい。

 <  前の記事 骨盤が歪んでしまう出産以外の要因  |  トップページ  |  次の記事 骨盤を矯正することは出産後のダイエットにも効果があります  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5900

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「骨盤矯正 ~なぜ骨盤はゆがむのか~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。